ヘアケアとスカルプケアの違いってなに?どっちをやった方がいい?


ヘアケアとスカルプケアの違いはなんだろう・・・?

ふとこのような疑問を思ったことはありませんか?

なんとなく同じようなイメージを持ってしまいがちですが、ヘアケアとスカルプケアは全くの別物。

この記事では、ヘアケアとスカルプケアの違いについて分かりやすくまとめてみました。

ヘアケアとスカルプケアの違いとは

結論から言ってしまえば、ヘアケアとスカルプケアの違いはケアする場所です

日本語に訳すと、ヘアケアは「髪のケア」スカルプケアは「頭皮のケア」という意味。

では、ヘアケアとスカルプケアの具体的な意味合いを見ていきましょう。

ヘアケア

ヘアケアは髪の毛の手当やお手入れをすることを指します

髪のダメージをケアしたり、傷んだ髪を回復させることを目的としている商品を「ヘアケア製品」と呼びます。

シャンプーやリンス、トリートメント、ヘアパックなどはもちろんのこと。

紫外線から毛髪を保護してくれる紫外線吸収剤の入ったヘアスタイリング剤や、毛のすべりを良くする枝毛コート、ドライヤーの熱から守りブラッシングのし過ぎを防ぐブロー用ローションなどがこれに当てはまります。

スカルプケア

スカルプケアは頭皮のお手入れをすることを指します

頭皮環境(土台)を整えることで髪の悩みも防げると、さまざまな悩みに特化した有効成分入りのスカルプケア製品も登場しています。

スカルプケア製品として、頭皮環境を整えるもの、毛穴に詰まった油汚れを落とすもの、皮脂を過剰に取り過ぎないものなどが挙げられます。

結果として、頭皮の痒み、抜け毛、薄毛などの予防や解消につながります。

ヘアケアとスカルプケアどっちを優先するべき?

スカルプケアは毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き、頭皮を清潔にする目的があるので、毛根の活動を活性化させることができます。

そのため、健康的な髪の毛を育てることにも役立ちますから、どちらか選ばなくてはいけないというならスカルプケアを優先しましょう

頭皮のかゆみやフケなど、悩みがハッキリ分かっているなら有効成分が入った薬用(医薬部外品)のスカルプケア製品の使用がおすすめです。

また、髪の毛がパサパサで傷みで困っているという方は、ヘアケアも同時に行っていくといいでしょう。

スカルプケアの人気おすすめアイテム3選

1.haru kurokamiスカルプ



100%天然由来でつくられたエイジングケアシャンプーです。

シリコンや石油系界面活性剤などは無添加なのに、クリーミーで弾力がある泡が頭皮の皮脂や汚れをしっかり除去します。

有名雑誌にも掲載され、満足度は94.4%と高評価!

モデルのはなさんも愛用していると話題ですね。

10の無添加でつくられているので敏感肌でも安心。

公式サイトでは特典付き+全額返金保証付きで用意されているので、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

2.チャップアップシャンプー


モンドセレクション3年連続受賞している実力派シャンプーです。

ジンゲルシックスが新配合され、さらにグレードアップ。

毛髪診断士&美容師が開発しており、頭皮にやさしくハリ・コシを与えてボリュームアップします。

公式サイトなら永久返金保証付きで気軽にお試しできるのでおすすめです。

3.カダソン



皮膚科専門医監修のもと開発されたスカルプシャンプーです。

脂漏性皮膚炎、フケ、かゆみ、脂性肌といった症状を解消してくれます。

モニター満足度は高評価の93%。

今ならトラベル用パウチ10日分の特典が付いてくるキャンペーン中です。

まとめ

今回はヘアケアとスカルプケアの違いについてご紹介しました。

なんとなく、女性だからヘアケア、男性だからスカルプケア、と思っていたという方も多いのではないでしょうか?

しかし、スカルプケアは頭皮環境(土台)のケアなので、健康的な毛根を育て、結果的にヘアケアにもつながります。

近年では、髪の毛の悩みを持つ女性も増えていますので、女性向けに開発されたスカルプケアも多く登場しています。

自分の悩みに合ったスカルプケア製品を見つけて、頭皮や髪の悩みを解消し、予防していきましょう。